2016/10/11 10:30

12月に入ると、きものでお出かけ、そしてお友達とのお食事の機会が増えますね。

そんな楽しいひと時に、きものが汚れるのを心配してハンカチやナプキンを襟や帯に挟んでいる方も多いのではないでしょうか?

でも、着くずれたり、ナプキンを下に落としてしまったり、何かと気になることが多いと、せっかくのお食事も充分に楽しめません。

そこで、お勧めしたいのがきもの地で仕立てた、このきものエプロンです。

 

横浜きものあそびのきものエプロンは、「片身変わり」というきものの仕立て方から発想を得て、すべてきもの地で仕立てました。

そのため、着姿を損なうことなく、汚れがちなきものの上前から帯、膝までを守ることができます。

写真のアイテムの素材はポリエステルなので、お洗濯も簡単です。

また、ウェイターさんが料理を持って後ろを通る時、帯のお太鼓部分を汚されないかと気になりますが、

横浜きものあそびのきものエプロンはお太鼓までカバーしますので、そこも安心です。(下の写真は正絹の別商品)

きものでお出かけする時は、いつもバッグに忍ばせてください。

お食事の席についたら、バッグからさっと出して肩にかけ、脇で紐を結ぶだけ。

お食事が終わったら、ささっと畳んでバッグへ。かさばりません。

 

それに、このきものエプロンはシンプルなため、意外と洋服にも似合うのです。

ホームパーティーのホステスが、黒のシンプルなドレスにこのきものエプロンをかけた姿、かっこいいと思います。

 

あなたの大切なきものを守るため、気軽にお食事を楽しむため、

また、日ごろを世話になっている先輩やお母様へのプレゼントにも、いかがでしょうか。


きものエプロン 意匠登録1548885号